美容を学ぶなら仙台の美容専門学校|仙台ヘアメイク専門学校

キャンパスライフ
キャンパスライフキャンパスライフ

在校生の声

VOICE

阿部 未岬さん 阿部 未岬さん

「ブライダルの仕事で花嫁さんを綺麗にしたい」

私は高校2年生まで大学進学を考えていました。でも将来自分は本当は何がやりたいのか、何になりたいのか考えてみたとき、1番に思い付いたのは小学生の頃から夢みていた結婚式に関わる仕事がしたい、というものでした。もちろん美容学校に入学することについては不安もありましたが、花嫁さんを綺麗にしたい、人生で1番輝く瞬間のお手伝いがしたいという気持ちが強く、ブライダル専攻のある仙台ヘアメイク専門学校へ進学することを決意しました。美容業界へ興味のある皆さん、自分のやりたいと思ったことに手を伸ばしてみてください。手を伸ばした先に夢やあこがれを実現するチャンスがあるはず。人生は一度きりです。私も不安はありましたが、今は夢に向かって努力する充実した学校生活を送ることができています。

髙階 拓基さん 髙階 拓基さん

「仲間とともに好きな美容を仕事に」

私が美容師を志すきっかけとなったのは、高校1年生の頃に現在も美容業界最前線で活躍されている美容師さんの姿を見て「人って髪の毛でこんなに変われるんだ」と衝撃を受けたことです。そして元々メンズ美容に興味があり、「好きなことを仕事に」という形で捉えることができ、ますます美容師という仕事に魅力を感じています。美容師になるためには国家試験に合格しなければなりません。その点に関して仙台ヘアメイク専門学校は、しっかり対策をしてくれて1年生のうちから充実した学校生活を送ることができています。色々なところから集まった人たちから色々な刺激を受け、ときどき大変なこともありますが、仲間と切磋琢磨し合いながら目標に向かって頑張ることの出来る良い環境です。美容に興味のある方、ぜひ仙台ヘアメイク専門学校で一緒に学びましょう。

藤原 優聖さん 藤原 優聖さん

「ワーキングコースで
自分の時間を有効活用」

私が仙台ヘアメイク専門学校に入学を決めた大きな理由は、他の専門学校には無いワーキングコースがあることです。週4回ほど学校に通い、学校が休みの日には自分の時間(アルバイトなど)に使えるという理由からこのコースを選びました。国家試験に合格するためのカリキュラムが組まれており学校生活も充実しています。休日はアルバイトや趣味などの時間にあてています。実習ではクラスメイトでペアを組み、実際にシャンプーをして技術を磨いています。また、学校には本物の美容室「Kalon」もあり、一般のお客様に施術することができます。言葉遣いや礼儀なども学ぶことができるので実践力が身につきます。今のうちから時間の使い方を考え、将来を見据えた行動力と思考力を高め、時間を有効活用したい方にお勧めです。

宮島 乙羽さん 宮島 乙羽さん

「ネイル実習が一番楽しくやりがいを感じています」

私はネイリストになりたくて、仙台ヘアメイク専門学校へ入学しました。高校生のときはやりたいと思うことがなかった私ですが、好きなことは何だろうと考えたときに思いついたのがネイルでした。いざ入学してみるとネイルやエステ、メイクと色々な分野を学ぶことができ選択肢が広がりました。その中でもやっぱりネイルが一番楽しくやりがいを感じています。ネイルの授業では友達とペアを組み、お互いに施術し合うという内容です。今まで自分の爪にネイルすることはありましたが、他の人の手に施すことは初めての経験で難しくて苦戦しました。しかし先生の丁寧な指導により、段々と自分の技術レベルが上がるのを実感しています。自分のレベルが上がっていくのはとても嬉しく、これからも頑張ろうと思う励みになっています。