美容を学ぶなら仙台の美容専門学校|仙台ヘアメイク専門学校

キャンパスライフ
キャンパスライフキャンパスライフ

在校生の声

VOICE

中嶋 由羽さん 中嶋 由羽さん

「好きって気持ちがあれば大丈夫」

私はこの学校で一番不器用だと思います(笑)。しかし実習ではワインディングもオールウェーブも全然できなくて、 クラスで一番名前を呼ばれている気がします。「この学校に入ったのは間違いだった」と何回思ったか分かりません。 実習は少し辛いけどやっぱり楽しいし、上手にできた時の嬉しさがあるので頑張れています。 もし不器用だからと進学を迷っている方がいたら、 好きって気持ちがあれば大丈夫だと思います。 将来は海外で活躍できる美容師になりたいと思っているので、 その夢を叶えられるように努力していきたいです。

長沢 陽菜さん 長沢 陽菜さん

「充実した学校生活と夢に向けて」

私はエステティシャンになりたくて、仙台ヘアメイク専門学校に入学しました。 入学する前はキラキラと輝いている華やかな学校生活をイメージしていましたが、 入学してみたら、礼儀や挨拶に厳しく、少人数制で個別に教えてもらえる機会が多いので専門的な知識や技術をより多く身につけることができました。 学校行事のレクリエーションスポーツ大会や文化祭ヘアショー髪美祭(カーミバル)等はクラスの団結力が高められ、 またほかの学科の方とも交流が深められとても楽しいです。 現在はエステティシャンになるためにボディトリートメントやエステティック機器を使う練習、色々な検定・資格取得ができるように勉強を頑張っています。 充実した学校生活と夢に向けて学べる仙台ヘアメイク専門学校にぜひ皆さんもおいで下さい。

小松 麻美さん 小松 麻美さん

「夢を叶えるため
社会人からのスタート」

「国家資格を取得して、ずっと憧れていた美容業界に転職したい!」と思い、5年間勤めていた会社を辞めて入学を決意しました。 しっかり技術を身に付けることはできるのか、学費を払えるかなど色々な不安はありましたが、 ワーキングコースはそんな不安を取り除き、社会人になってからの新しいスタートを後押ししてくれました。 年齢層も様々なので、年上の方には相談ごとを聞いてもらったり、年下の学生にはパワーとエネルギーをもらい、 切磋琢磨し合って充実した日々を過ごしています。実習のときは先生が丁寧かつ分かりやすく教えてくれるので、 練習すればするほど自分の技術として身に付いているのが実感できて、それが楽しさにつながっています。

菅野 夏帆さん 菅野 夏帆さん

「日々の学習が両親への恩返し」

私の将来の夢は美容師になること。ただ単にカットやカラーができる美容師ではなく、 幅広く活躍できる美容師になりたくて着付けやエステ等を学べる学校に決めました。 入学の際、私は奨学金を借りることを希望しましたが、 両親は「働きながらお金を返すのは大変だから」と言って学費全額を負担してくれました。 私の将来のことを考えてこのようにしてくれたこと、2年間学校へ通わせてくれることを思うと、 毎日を適当に過ごしてはいけないと気が引き締まります。 休まず登校し毎日何かを吸収することで日々恩返ししようと思っています。 仙台ヘアメイク専門学校で1分1秒を大切に充実した毎日を送りたいです。